サプリメントと青汁などの健康フードを摂取しよう|満点!健康意識

食事とケアで改善できます

赤ちゃん

産前から準備しましょう。

近年、母乳のみで育てる母乳育児が見直されてきました。 その理由として、母乳の栄養価の高さや、免疫力を高めることができる点や乳児の心の安定などが挙げられます。 しかしながら、母乳がでないと母乳不足に悩む母親が多いという現実もあります。 母乳は目で見て、どのくらいの量が出るのか判らないため、実際は不足していなくても母乳不足ではないかと不安になる人も多いのです。 そこで、産後すぐに母乳が軌道に乗るためには産前からの体つくりが大切です。 妊娠後期になり、医師や助産師から許可がでたら、胸のマッサージを毎日行い、血流を促しましょう。 また、初産の場合は乳首が固く赤ちゃんが吸いにくいためほぐしておくことも大切です。 その後、産後もマッサージは継続して毎日行うようにします。

食事や水分不足が原因。

母乳不足で悩む母親の産後の生活習慣の特徴として、食事量が足りなかったり、水分量が足りないことが挙げられます。 また、産後の疲れや、夜中の授乳で寝不足が原因の場合もあります。 母乳不足かなと思ったらまずは自身の生活を見直して、母乳がたくさんでる生活へとシフトしましょう。 食生活は白米を多く食べることと、和食中心を心がけます。体系をもとに戻したいという欲求もありますが、まずは母乳のために沢山食べましょう。 また水分は多ければ多いほどよく、血行を促すために常温か温かいものがおすすめです。 それに加えて、夜中も赤ちゃんと起きなければならないため、赤ちゃんが昼寝中は自身も一緒に体を休めることが大切です。 初産の場合は特に初めてずくしでストレスが溜まるため、ストレスを軽減することも大切です。 母乳は血液から作られているため、自身の生活習慣や環境によって母乳不足を解消することができます。